キープキー(KEEPKEY)の特徴

MENU

キープキー(KEEPKEY)の特徴

 

トレザー(TREZOR)の正規品購入はこちら

 

キープキーの正規品購入はこちら

 

キープキー(KEEPKEY)は仮想通貨を保管する際に使用するハードウェアーウォレットになります。

 

  • レジャーナノエス(Ledger Nano S)
  • トレザー(TREZOR)
  • キープキー(KEEPKEY)

 

以上がハードウェアーウォレット御三家になりますね。

 

キープキー(KEEPKEY)もレジャーナノエス(Ledger Nano S)とトレザー(TREZOR)と同じようにブラウザはグーグルクロームを使用します。

 

キープキー(KEEPKEY)を2機種と比べた場合の特性は何かというと、操作性が簡単なところと、デザイン性だと言えます。日々打刻を行い売買が激しい方や、このような電子ツールに不慣れな方向けですね。

 

操作ミスなどを誘発しないように極力シンプルな画面になっていて、入力やシフトの確認などもシンプルで分かりやすい画面上で行うことができます。

 

デザイン性の評価は高いと思いますね。このキープキーを知らない人だと一瞬チラッと見ただけだとデジタル時計だと思うでしょう。

 

キープキー(KEEPKEY)の取り扱える仮想通貨の種類は?

  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. ライトコイン
  4. ドージコイン
  5. ダッシュ

 

キープキー(KEEPKEY)

 

現在は5類の仮想通貨の保管が可能となっています。

 

価格は15,000円と他機種と同じくらいの価格設定になっていますが、対応できる仮想通貨はちょっと少ないような気がします。この価格帯で対応通貨の少なさにはちょっと驚きました。

 

ここでちょっと面白いデータがあります。このキープキーを購入された方々の評価が高いと言うことです。

 

冒頭でもお伝えしましたが、その操作性とデザインを評価する声が多いです。メーカーはその操作性の良さとデザイン性の高さから、同じ価格帯でも販売が可能と考えたのではないでしょうか。

 

キープキーはまだ日本代理店は無いようです。キープキーから直接買う場合は英語力が必要になります。

 

それ以外の方法ですとアマゾンからの購入になります。もしあなたが仮想通貨の初心者で扱う仮想通貨が上記リストにあるようでしたら購入してもいいと思いますが、サポートは海外ですので英語力が必要になりますのでくれぐれも注意してください。

 

無難な選択ならば、レジャーナノエス(Ledger Nano S)かレザー(TREZOR)になるのではないかと思います。

 

ここで補足する情報があります。評価が高いのは世界での評価になります。日本でだけではありません。また、コインギフト社で日本語のキープキーの簡単なセットアップガイダンスがあるようです。

 

こちらにアクセスしてそのセットアップ、操作方法を確認してから購入を検討してください。

 

キープキーの正規品購入はこちら