トレザー(TREZOR)の特徴

MENU

トレザー(TREZOR)の特徴

 

レジャーナノエス(Ledger Nano S)

 

トレザー(TREZOR)の正規品購入はこちら

 

トレザー(TREZOR)とは、白一色の本体と黒一色の本体が特徴的なハードウェアウォレットになります。

 

仮想通貨を所有している方で、レジャーナノエスをすでに所有している方はこちらのトレザーにも興味があり購入を検討している方が多いのではないかと思います。

 

トレザーも基本的な操作方法と動作は同じです。トレザー本体にピンコード(PINコード)を設定して、お使いのパソコンと接続する際のロックを設定します。設定しましたら確認の為ピンコードでロックを解除、そして立ち上げ後は24文字の暗号キーをそれぞれの仮想通貨にセッティングして、あなた個人の暗号キーを作り、それらをトレザー内にて厳重に保管します。

 

この暗号キーは同封されているシートに明記して記録を残します。こうすることによって、万が一あなたのパソコンがマルウェアに感染したり、キーロガーで読み取られたとしても、トレザー(TREZOR)と暗証番号とが揃わない限りアクセスすることが不可能となります。

 

自己責任の仮想通貨取引では、TREZORを使うとビットコインや他の仮想通貨を安全に保管・使用することが可能です。

 

トレザー(TREZOR)の取り扱える仮想通貨の種類は?

 

トレザー(TREZOR)の対応通貨は下記リストをご覧ください。

 

  1. ビットコイン
  2. ビットコインキャッシュ
  3. イーサリアム
  4. イーサリアムクラシック
  5. ダッシュ
  6. ジーキャッシュ
  7. ライトコイン
  8. モナコイン
  9. オーガー
  10. ビットコインゴールド
  11. ネム
  12. ユービック
  13. エクスパンセ

 

レジャーナノエス(Ledger Nano S)

 

現在は13種類の仮想通貨の保管が可能となっています。

 

トレザー(TREZOR)の初期設定が終了したら実際にパソコンに接続して上記の仮想通貨をトレザー(TREZOR)のマイアカウントに保管してみてください。

 

初期設定時に保存したグーグルクローム用アプリをパソコン内にダウンロードしますがその時に注意することがあります。

 

接続時に使用するUSBケーブルは必ず付属のUSBケーブルを使いましょう。他メーカーのUSBケーブルを使用すると不具合が発生する事例が報告されているからです。

 

本体が無事に接続されたら、画面が表示され、「Label」と書いているところにあなたのユーザー名が表示されます。確認後、右上の「go to TREZOR wallet」をクリックするとウォレットアプリとの接続が始まります。

 

この後はPINコードの入力指示が出ます、ここでPINコードを入力しますとTREZOR walletにアクセス、画面が変わります。この後は各種仮想通貨を選択して保管作業に移ります。リスクを分散するために1ヶ所のハードウェアーウォレットに保管するのではなく最低でも2ケ所をおすすめします。

 

トレザー(TREZOR)の正規品購入はこちら