MENU

仮想通貨を安全に保管できる!おすすめハードウェアウォレットランキングBEST3

 

おすすめ,ハードウェアウォレット,比較

 

仮想通貨は、取引所に保管したままでいると、常にハッキングのリスクにさらされることになります。そこで、安全に仮想通貨を保管するツールとして注目を集めているのが「ハードウェアウォレット」です。

 

ハードウェアウォレットは、インターネットから切り離して管理できるため、長期間安全に仮想通貨を保管するのに向いているデバイスと言えます。

 

ここからは、おすすめのハードウェアウォレットや仕組み、使い方を分かりやすくご紹介します。

 

 

ハードウェアウォレットとは?

 

ハードウェアウォレットとは、仮想通貨を安全に保管するためのデバイスのことです。

 

仮想通貨は、物理的な通貨ではなくオンライン上の通貨であるため、取引所に置いたままにしていると常にハッキングのリスクにさらされてしまうことになります。

 

そこで、ハッキングのリスクから仮想通貨を安全に守るために使われるのが、ハードウォレットです。仮想通貨をインターネットから切り離し、USBのような持ち運びがしやすい独自の媒体にて管理します。

 

ハードウォレットであれば、パソコンに接続していないときには仮想通貨をオフライン環境で保管できるため、セキュリティ面で非常に優れていると言えるのです。

 

ハードウェアウォレットの仕組み

 

ハードウェアウォレットには、仮想通貨にアクセスできる暗号化された秘密鍵(リカバリーフレーズ)が入っているだけで、仮想通貨そのものが入っているわけではありません。

 

ハードウェアウォレット端末は、自分の口座(ウォレット)を開くための鍵の役割を果たしています。そして、パソコンにインストールした専用アプリからアクセスして、USBで接続したハードウェアウォレットの秘密鍵があって初めて仮想通貨にアクセスできるようになる仕組みなのです。

 

仮想通貨を送金するには、「送金用アドレス」と「秘密鍵」が必要になります。秘密鍵は12個の単語で構成されたもので、ハードウェアウォレットを使用する上で最も重要になるものですので、厳重に管理するようにしましょう。

 

ハードウェアウォレットの安全性は?

 

ハードウェアウォレットは、万が一故障したり紛失したりしてしまっても、秘密鍵があれば別のハードウェアウォレットを購入することで復活させることが可能です。

 

しかし、秘密鍵を紛失してしまった場合は、ハードウェアウォレットに保管していた仮想通貨を取り戻すことができなくなってしまいます。

 

そのため、秘密鍵の管理さえ万全にしておけば、ハードウェアウォレットは極めて安全性の高い保管方法になるのです。

 

仮想通貨を保管するウォレットとしてハードウェアウォレットがおすすめな理由

 

スマホで仮想通貨を保管したり送金したりできる取引所のアプリやウォレットは、確かに手軽で便利です。

 

しかし、インターネット上に仮想通貨を保管することになるため、常にハッキングされる危険が伴います。また、アメリカの入国審査では、不審であると疑われてしまった場合、スマホのデータをすべてコピーされてしまい、仮想通貨を他の人も利用できる状態になってしまう可能性があるのです。

 

しかし、ハードウェアウォレットであれば、インターネットから切り離した状態で仮想通貨を保管できるため、ハッキングのリスクがありません。

 

当然、秘密鍵の管理は慎重に行わなければなりませんが、セキュリティ面はアプリのウォレットよりも圧倒的に高いため、仮想通貨の保管にはハードウェアウォレットがおすすめです。

 

おすすめのハードウェアウォレットBEST3

 

仮想通貨を安全に管理できるハードウェアウォレットは、対応通貨や使い勝手など、様々な特徴を持った端末が販売されています。しかし、まだ英語での情報が中心で、日本語での情報収集が難しい状況です。

 

ここからは、現在主流のハードウェアウォレットを3つ、特徴を比較してランキング形式にてご紹介します。最近は、ハッキングするために改造した端末が出回っている場合もあるので、必ず公式サイトから購入することを推奨します。

 

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

Ledger Nano Sの特徴

Ledger Nano Sは、フランスのレジャー社のハードウェアウォレットです。
対応通貨が多く、ハードウェアウォレットの中では比較的安価な端末なため、非常に使いやすいのが特徴となっています。
Chromeアプリケーションが動作するすべてのコンピュータにUSBで接続でき、堅牢なセキュリティで仮想通貨資産を守ります。外部から完全に独立した物理的なボタンと有機ELディスプレイで、トランザクションへの不正アクセスを防ぎます。

価格 15800円
評価 評価5
備考
Ledger Nano Sの総評

対応通貨は以下の通りですが、1台の端末に入れられるのは4種類までなのでご注意ください。

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • リップル
  • ライトコイン
  • ダッシュ
  • コモドコイン
  • ドージコイン
  • ストラティス
  • ネオ
  • ゼットキャッシュ

ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (グレー)

TREZOR(トレザー)の特徴

TREZORは、バグが少なくて信頼性の高いハードウェアウォレットとして人気です。
3色展開のおしゃれな端末で、世界でも100カ国以上で標準的に使用されています。たった2つのボタンを使うだけで、パソコンから簡単に仮想通貨を保管・使用できるため、使い勝手も抜群です。
TREZORで使われている最新の暗号技術は、オープンソースで公開されているため、第三者によってその信頼性を監査することも可能です。
端末は少し高価になりますが、極めて安全性が高いので安心してハードウェアウォレットを使いたい方におすすめです。

価格 22,000円
評価 評価4
備考
TREZOR(トレザー)の総評

対応通貨は以下の通りです。

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ビットコインゴールド
  • ダッシュ
  • ゼットキャッシュ
  • ライトコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • モナコイン

KeepKey

Keepkey(キープキー)の特徴

Keepkeyは、大きなディスプレイが見やすくシンプルな操作性が使いやすいハードウェアウォレットです。
仮想通貨を送金する場合は、有機ELディスプレイ上で送金内容を確認でき、本体ボタンの押下による承認で実行されます。これにより、マルウェアやウイルスなどから仮想通貨を盗難される可能性がほぼ排除さるため、セキュリティ性能も高いです。
対応通貨は少ないですが、非常に使いやすいハードウェアウォレットと言えるでしょう。

価格 12,579円
評価 評価4
備考
Keepkey(キープキー)の総評

対応通貨は以下の通りです。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • ドージコイン
  • ダッシュ
  • ネームコイン

 

イチオシはハードウェアウォレットはLedger Nano S

 

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

 

Ledger Nano Sはなんといっても、コスパに優れいています。また、対応通貨がピカイチに多いので、これから様々な仮想通貨をされる方にとっても、一つあればかなりの対応が出来るので安心です。

 

その意味から言っても、Ledger Nano Sがおすすめと言えます。

 

安心の公式サイトでの購入をおすすめします!

Ledger Nano Sの公式サイトはこちら

Ledger Nano Sの公式サイトはこちら

 

ハードウェアウォレット比較表

 

Ledger Nano S TREZOR Keepkey
価格(日本円)

約10,377円
(79ユーロ)

約11,690円
(89ユーロ)

約13,773円
(129ドル)

対応通貨
  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • リップル
  • ライトコイン
  • ダッシュ
  • コモドコイン
  • ドージコイン
  • ストラティス
  • ネオ
  • ゼットキャッシュ
  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ビットコインゴールド
  • ダッシュ
  • ゼットキャッシュ
  • ライトコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • モナコイン
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • ドージコイン
  • ダッシュ
  • ネームコイン
送金手数料の調整 不可
対応OS Windows, Mac、Linux、Chrome OS Windows、macOS、Linux Windows、macOS、Linux
安全性 標準程度 標準程度

高め
(送金時に端末上での認証が必須)

大きさ・重さ 98mm x 18mm x 9mm、16.2g 60mm x 30mm x 6mm、12g 38mm x 93.5mm x 12.2mm、54g
接続方法 マイクロUSBでPCに接続 マイクロUSBでPCに接続 マイクロUSBでPCに接続
秘密鍵(リカバリーフレーズ) 24単語 24単語 12単語


ハードウェアウォレット選びの注意点

 

ハードウェアウォレットを選ぶ際に最も重要になるのが、自分が保管したい仮想通貨に対応しているかどうかを確認することです。現時点では対応していない場合でも、今後アップデートされる可能性があるのかをチェックしておくとよいでしょう。

 

また、ハードウェアウォレットは必ず正規販売代理店から購入すべきです。Amazonであっても、悪徳業者が盗難できるよう改造したハードウェアウォレットを販売するケースが横行しているため、販売元情報は必ず確認しましょう。

 

取扱説明書は、日本語のものがついているものが安心です。英語への理解が不十分で、あいまいなままハードウェアウォレットを使用することはおすすめできません。

 

ハードウェアウォレットは、直接海外から購入することもできますが、送料が2,000~3,000円程度かかってしまい、日本で消費税や関税が加算されてしまいます。一見安く購入できるように感じても、諸々加算されて結局高くなってしまう場合もあるので注意しましょう。

 

ハードウェアウォレットを使用するメリット・デメリット

 

ハードウェアウォレットを使用するにあたっては、メリットとデメリットがそれぞれありますので、しっかりと把握しておきましょう。

 

ハードウェアウォレットを使用するメリット

 

ハードウェアウォレットを使用する最大のメリットは、何と言ってもセキュリティの高さにあるでしょう。

 

インターネットから隔離した状態で保管するのでハッキングの心配がありませんし、仮想通貨の送受信に必要な秘密鍵を暗号化して保管するので、安全性は非常に高いです。そのため、高額な仮想通貨を保管する場合など、高度なセキュリティが求められる場合には特におすすめです。

 

また、ハードウェアウォレット端末自体に仮想通貨が保管されている訳ではないので、万が一紛失してしまった場合でも、秘密鍵さえ覚えておけば復元することが可能です。

 

逆に言うと、秘密鍵を忘れてしまうと二度と仮想通貨が戻ってこなくなってしまいますので、注意が必要です。

 

ハードウェアウォレットを使用するデメリット

 

ハードウェアウォレットは、一般的に10,000~30,000円程度で販売されているので、購入コストがかかる点はデメリットと言えるかもしれません。

 

また、中には操作性が悪いハードウェアウォレットも存在するので、誤送信で仮想通貨を無駄にしてしまわないように注意する必要があります。そのようなトラブルを防ぐためにも、日本語の取扱説明書つきのものを購入するようにしましょう。

 

そして、仮想通貨を送金するときにはパソコンなどにインストールした専用のソフトを介して行う必要があるため、店頭での買い物など、日常的な送金にはあまり向きません。ハードウェアウォレットは、長期間保存する資産としての仮想通貨を保管する目的で使用するとよいでしょう。

 

ハードウェアウォレットの使い方

 

ハードウェアウォレットの使い方と注意点についてまとめてみました。

 

ハードウェアウォレットの使い方

 

ハードウェアウォレットは、端末によって若干使い方が異なりますが、基本的には以下の流れで使用することになります。

 

初期設定を行う

パソコンにUSBでハードウェアウォレットを接続し、専用ソフトをインストール。表示される指示に従って初期設定を行い、発行された秘密鍵を保管します。

 

送金用アドレスを作成する

Webウォレットにアクセスし、送金用アドレスを作成します。仮想通貨を送金する場合などに必ず必要になるアドレスなので、大切に保管しましょう。

 

送金用アドレスに仮想通貨を送金する

すでに持っているウォレットや取引所のウォレットから、送金用アドレス宛に仮想通貨を送金します。

 

パソコンから取り外して保管する

仮想通貨が着金したら、ハードウェアウォレットをパソコンから外し、盗難などにより絶対に紛失しないよう金庫などで厳重に管理します。

 

ハードウェアウォレット使用の注意点

 

ハードウェアウォレットを使用する場合、どのような点に注意すればいいのか見ていきましょう。

 

まず、PINコードは忘れずに保管するようにしてください。ハードウェアウォレットにアクセスするために必須のコードなので、慎重に取り扱いましょう。

 

秘密鍵は、ハードウェアウォレットを紛失してしまった場合に、仮想通貨を取り戻すために必要な重要なコードです。そのため、誰かに知られたり紛失したりしないよう、しっかりと管理しましょう。
また、初期設定は必ず自分の手で行いましょう。秘密鍵も初期設定で発行されるため、代行業者など他人に頼んでしまうと仮想通貨を盗まれてしまう可能性があります。

 

そして、ハードウェアウォレットは必ず公式の販売代理店から購入するようにしてください。公式以外から購入すると、盗聴を目的に改造したものや、初期設定済みの状態のものをつかまされる可能性があるので注意しましょう。

 

ハードウェアウォレット選びのまとめ

 

ハードウェアウォレットは、仮想通貨を安全に保管するうえで大きな役割を果たすツールだと言えるでしょう。

 

今回ご紹介した「Ledger Nano S」「TREZOR」「Keepkey」の中から、保有している仮想通貨の種類に応じてベストなものを選んでみてはいかがでしょうか。また、もしご購入される場合は、必ず公式の販売代理店からご購入ください。

 

ハードウェアウォレットは、送金にパソコンが必要となるため、時間がかかります。そのため、「長期保有が前提の仮想通貨は、ハードウェアウォレットに保管」、「日常使いする前提の通貨は、取引所やアプリのウォレットに保管」といったように、管理方法を使い分けすることをおすすめします。

 

セキュリティの高いハードウェアウォレットで、大切な仮想通貨資産を安全に管理しましょう。

 

⇒ハードウェアウォレットBEST3はこちら

更新履歴